インストラクター・コース

PADIインストラクター開発の基礎となるのが、PADIコースディレクターの元で開催されるインストラクター開発コース(以下:IDC)です。このIDCはアシスタント・インストラクター(AI)コースと、オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター(OWSI)プログラムの2つから構成されています。eラーニングによる予習が完全に行われている場合に限りAIコース(最低3日間)とOWSIプログラム(最低4日間)を連続して組み合わせたものがIDC(7日間)となります。店や他団体で受講されたお客様も大歓迎です。お気軽にご相談ください。

PADIインストラクターを取得すると

このような方にオススメです。
□ダイビングプロフェショナルとして活動したい。
□ダイビングショップで働きたい。
□ダイビングインストラクターとして活動して収入を得たい。
□ダイビングを教えたい。

取得後にはこのように変わります。
□ PADIインストラクターなら世界中の海がビジネスフィールドです。
□ PADIディスカバー・スクーバ・ダイビングからPADIダイブマスター・コースまで幅広い範囲に及ぶPADIプログラムを実施することができます。
□ 最新の知識と技術が身につき、ダイビングスキルが上達します。
□ ダイビングを教えることで同僚や生徒から多くの信頼を得ることになります。

インストラクター
料金とプランについて

PADIインストラクター

ダイビングインストラクターを目指そう!

料金

アシスタントインストラクター(AI)コース:¥165,000(税込)
オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター(OWSI)プログラム:¥165,000(税込)

学科講習、限定水域講習、海洋講習料金が含まれます。
※教材代、ツアー代、講習中の食事、宿泊費、レンタル器材は、含まれておりません。
※申請料金は含まれておりません。
※別途必要な料金は以下の通りです。
・コースディレクター交通費、宿泊費・インストラクター試験(IE)参加料¥108,350(税込)・教材代¥110,000(税込)・EFRI申請料¥8,976(税込)・AI申請料¥13,112(税込)

参加資格

□PADI ダイブマスターまたは一般に広く認められている他のレクリエーション・ダイバー教育機関に所属する優良インストラクター(資格更新済み、または更新資格を有する)。一般に広く認められている他のレクリエーション・ダイバー教育機関でリーダーシップ・レベルの認定を有する(資格更新済み、または更新資格を有する)
□ログに記録されたダイブ経験 60 本; ナイト・ダイビング、ディープ・ダイビング、アンダーウォーター・ナビゲーションの経験を証明する書類。
□18歳以上であること。
□ダイビングに適した健康体であると医師が署名し、健康状態に変化はないことが記された過去 12 か月以内の健康診断書。
□過去 24 か月以内に、 EFR 一次および二次ケア・コースまたは参加受入資格を満たす他のトレーニングを修了。
□PADI ダイブマスターでない場合は、 PADI ダイブマスター・コースのダイバー・レスキュー・スキル評価を修了する。
□必要に応じて、 PADI 以外の参加受入資格を満たすエントリー・レベル、アドヴァンスド、レスキュー、リーダーシップ・レベルに相当する資格*を証明する書類を提出する。

取得まで

・IDC最短で7日間(講習時間は、候補生によって異なります)
・IE試験2日間

ご用意
いただくもの

インストラクター教材一式、ログブック、Cカード、ダイビング器材一式、タオル(バスタオル)、水着
(季節によってドライスーツと言う防水の水中スーツを着用する場合があります。その際は、ジャージなどの運動着が必要です)

備考

※当店にてオープン・ウォーター・ダイバーからダイブマスターを取得された方に限り、日帰りツアーが5,000円割引、宿泊ツアーが10,000円割引
※参加者が2名様以上のツアーに限ります。